イメージ

和装について


ご存知ですか?和装花嫁姿には母心がたくさんこめられています

イメージ

イメージ

筥迫(ハコセコ)

紙、櫛、楊枝を収めた懐中用小物入れ。
嫁ぎ先に向かう娘に「淋しくても、お相手の家に着く前に涙をふくのよ」との思いを込め、紙や鏡を入れていたと言われています。

懐剣(カイケン)

守り刀。家と家との結びつきの意味が強かった江戸時代に「身の危険が生じた場合は、これで自分を守りぬいて」との思いが込められています。

抱え帯(カカエオビ)

帯の下に巻く、花嫁独特の帯。 「嫁ぎ先に入ったら、この帯を解き、たすきにし、一生懸命に仕えなさい」との思いが込められています。


代表的な和装

イメージ

白無垢

打掛から掛下まで全て白で統一した和服衣装。
神聖な式に臨む和装の代表的な式服。
もともとは、「嫁いでゆく婿家の色に染まる」という意味があります。
※綿帽子は挙式用。
角隠しは挙式、披露宴でも合わせる事ができます。


イメージ

色打掛

裕福な町家の婚礼などで花嫁が着用したものが受け継がれ、現代は花嫁の式服として掛下の帯つき姿の上に打掛けで用いる。
織や染、刺繍や印金などで吉祥文様を現した豪華絢爛な花嫁姿となる。


イメージ

引振袖

「お引き」「お引きずり」と呼ばれる。
裾を引いた着方の事。
明治から大正のはじめまで上流階級の婦人たちは、この着方をしていた。
挙式にも、お色直しにもふさわしい豪華さがあります。


イメージ

新和装

色とりどりな掛下にオーガンやレース素材の打掛を合わせ、伝統を残しつつ、現代の花嫁のニーズに合わせた和装。
色の組み合わせで、様々なイメージに変化させる事ができます。


花嫁思い出プラン

和装レンタル&ご自宅着付¥176,400(税込)

ご家族に見守られ、生家での最後の思い出・・・
そんな素敵なシーンで始まる、Wedding Dayをお手伝いします。
花嫁姿の最後の仕上げは、お母様にも参加していただく事もできます。

  • 和装(白無垢、引振袖、色打掛のいずれか)レンタル
  • 紋服レンタル
  • 新婦様美容着付
  • かつら
  • こうがい
  • 新郎様着付
  • 美容出張料

OPTION

  • 会場までのアテンド(介添え)30分/¥5,250
  • 留袖着付/¥8,400
  • モーニング着付¥3,150
  • スナップ撮影(メイク〜ご出発)/¥31,500

24時間WB予約 今すぐ確認はこちら

幸せのお手伝いしませんか? 求人情報はこちら