ドレススタイリストブログ > 母の想いのつまった和装お小物

母の想いのつまった和装お小物

花嫁さまの和装にはお着物の他に「懐剣・筥迫・抱え帯」がつきます。
このお小物には母の想いがつまったお話があります。
懐剣(かいけん)
武家の女性が護身用に持っていた刀で、嫁入りの際「自分の身を守ってね」とお母さまから渡されたと言われています。
筥迫(はこせこ)
この中に涙をふく紙をいれたそうです。「嫁ぎ先に着く際はこれで涙をふくのよ」との想いで胸元に差したそうです。
抱え帯(抱え帯)
花嫁さまの和装には帯の下に巻く細長い帯、「嫁ぎ先に入ったらこれをたすきにして、一生懸命つかえなさい」と言う想いが込められていたそうです。
大切な1日には母の想いがたくさんつまっています。
R011019-67.jpg
和装体験会を開催中です。是非お母さまとご一緒にご参加下さい。

Posted by kiryu salon | 2019年11月08日 23:16 | Category :