2017年09月05日

社内勉強会を開催いたしました

毎月第一火曜日は全スタッフが集合し接客レベルUPの為の勉強会を開催しております
午前中は、全体朝礼の後、私からの現在の状況、そしてこれからの方針をみんなに伝えます。
お昼は外部でみんなと食事をし(各店舗遠方なのでランチを懇親会に充ててます)
午後はドレス接客練習です。

TSURUYAの基本方針ですが下記の図の通り、私たちはお祝いの衣裳(着物)を通じてお客様の外面そして内面から美しくなって頂き、ご家族の皆様とお過ごしいただける時が、最高の喜びであり幸せに繋がる事をスタッフ一人一人が作り上げていき、お付き合いさせていただいたお客様そしてご家族の皆様の幸せシーンをお手伝いさせて頂くことがTSURUYAの思いなのです。
resize7488.jpg

ブライダルでお付き合いさせて頂いたお客様が、赤ちゃんが生まれお宮参り衣裳・写真そして七五三、卒業式、成人式へと末永いお付き合いをさせて頂ける事が、私達の最高の喜びです。
実際に、私の父親母親(前社長)時代に結婚式衣裳をご利用されたお客様のお嬢様がTSURUYAの成人式をご利用頂いているのです!私たちは人々のしあわせのお手伝いをさせて頂ける「しあわせ」を噛みしめて日々お仕事に頑張らさせて頂いております。

resize7481.jpg
衣裳接客練習↑
resize7484.jpg
お仕事をスムーズにいかせるための改善ミーティング↑

9月もこうしてスタッフ一人びとりが学び、お客様への「しあわせのお手伝い」をさせて頂きますので、どうぞよろしくお願いいたします。

スポーサインフィオーレウェブサイトはこちらです↓
http://www.lavie-wedding.co.jp/

お問い合わせ資料請求はこちらです↓
http://www.lavie-wedding.co.jp/company/form.htm

お電話でのお問い合わせはこちらです↓
0277−45−3303(スポーサインフィオーレ桐生サロン)


Posted by 専務 at 17:02 | Category :

2017年08月16日

第60回全国小学生・中学生空手道選手権

8月5日6日に高崎アリーナにて、公益社団法人日本空手協会第60回全国小学中学生空手道選手権が行われました。
全国から小中学生が集まる大会しかも両親も含めて約1万人が集まる大会が高崎であると聞きまして、それだったらなにか商売ができるのでは?と思い、私学生時代空手道部に入部に(公益)日本空手協会の空手を学んでいたものですから、そのよしみでお土産販売と空手キッズの記念写真撮影としてブース出店させて頂きました。

お土産販売は、ぐんまちゃんのぬいぐるみにぐんまちゃんグッツ、水沢うどん等のぐんまのお土産を販売しました。この大会朝が早いんです7時ぐらいに会場オープンし、会場の高崎アリーナ今年の4月にできたばかりで綺麗だしでかいし申し分ないのですが、1万人近くの人たちがどっと会場にはいるので、それはもうあっちこっちに人だらけブースの前は朝から晩までアメ横状態でした。なので売れる売れる!とくにぐんまちゃん関係人気爆発すごいんです、群馬ちゃんタオルがまた200円とお手頃価格なので秒殺!!状態でした。

私、人が多いとは聞いていましたがここまで多いとは思いませんでした、お土産販売の仕入れちょっとビビッて少なめにしてしまいました。。。。仕入れ倍にしておくべきでした(反省)

写真撮影コーナーですが、ただお子様のポーズ写真だけではつまらないので、ぐんまちゃんイラストを入れた写真にしました、私なりにこれだったら売れる!と確信してたのですが、ふたを開けてみれば意外と少なかったのです。(撮影された皆様にはとても喜んでいただいたのですが。。。)
resize7470.jpg

空手の大会は、小学生低学年から中学生までみんな頑張ってました、試合のフロアは選手しか入れないので、低学年のちびっこ達はお父さんお母さんから離れてきっと心細い思いをしながらでも、親から離れて立派に試合を行ってました。選手の子供達とは全く関係ない私ですが、みてて思わず涙が出そうになってしまいました(不覚)

また、休憩スペースではちっちゃの子供とたぶんお父さん(空手有段者だと思います)の二人が組手の練習をしているんですね、ちびっこながら動きもしっかりしてるしお父さんの上段(顎の部分)に回し蹴りを入れてるんですね!うぉ!すごい!そんな頑張っている親子の姿見てて、またまた涙うるうるしそうになってしまいました。。。。(不覚)

私大学から空手を始めたものですから、いままで小学中学生が空手をやる事に関心持っていませんでした、まして小学生の小さい子が組手をやるもんじゃないよ!って思ってました(危険だし)でも今回の小学生中学生たちの頑張りを見て考え方が変わりました・・・小学生からきっちりと基本を身に付けていれば技のコントロールが出来るから逆に危険性は薄れるんだと、しかも小学生のころから、学んでいるから大人になったとき高い技術力を持って戦えるんだと、これから空手がオリンピック種目になりオリンピックの大きな舞台で活躍するのには小さいころからの学びが大切なんだと気付きました。
resize7469.jpg
今回、高崎アリーナが溢れそうなぐらいの大きな大会を開催される(公益)日本空手協会の偉大さと群馬の地で開催された群馬県の皆様の頑張りに敬服したいと思います。お蔭様でいい経験と新たな気づきを得る事か出来ました。

ちゃんと稽古にでてメタボ腹引っ込めようと思いました!ありがとうございました。

Posted by 専務 at 22:56 | Category :

2017年07月29日

しあわせなひと時

resize7437.jpg
ベビースタジオにて『ニューボーン撮影』が行われました
お宮参り衣裳撮影の後に、ベビーちゃんとパパママとふれ愛ながら撮影が行われました
見ててとても心が温かくなります!
パパママの愛情がとっても感じますそれにこたえるベビーちゃん!
スタジオ内がしあわせな空気がいっぱいになります!!

改めてフォトスタジオはご家族のしあわせを写真に残すお仕事なんだなと思わさせて頂きました。見てて私もしあわせになります、パパママベビーちゃんありがとうございました!!

スタジオラヴィキッズフォトギャラリーです↓
http://www.lavie-wedding.co.jp/kids/

Posted by 専務 at 07:25 | Category :

2017年06月29日

原爆の子の像〜六年竹組の仲間たち〜

桐生西ライオンズクラブ結成35周年記念講演会の内容です
pic9.jpg
広島の平和記念公演内にある「原爆の子の像」今は全国から平和への祈りと共に沢山の折り鶴が収められています、修学旅行の際学校でみなさんも折り鶴を折られた方もいらっしゃると思います。

「原爆の子の像」は行政や国が作ったのではなく、原爆被爆を受けた広島の方々、当時小学生だった佐々木禎子さんが六年竹組の仲間達と仲良く勉強をされていたのに、突然原爆病の病にかかりやむなく入院生活をされ禎子さんはいつか元気になって六年竹組の仲間たちとまた学校に行きたいと念じ折り鶴を折って病気の快復を待っていました。が残念ながら原爆病の病に負けお亡くなりになりました。佐々木禎子さんの思いを引きついて川野登美子さんを中心とした六年竹組の仲間たちが地域や国に働きかけ原爆の子の像を建立されました。

今や平和を希求する世界中の方々が「原爆の子の像」で平和を祈っています。

川野登美子さんのお話は戦争の惨たらしさ原爆の悲惨さだけでなく、その後仲間たちと共に平和に向かって行動することの大切さを教えてくれます。仲間と一致団結し具体的に行動したから「原爆の子の像」が建立出来ました。

また、昨年オバマ大統領が広島へ訪問され平和記念公園で祈りをささげられました、その時にオバマ大統領はそっと折り鶴を置いて行かれました。オバマ大統領は平和への祈りを折り鶴に託されました、その事を見た川野登美子さんはオバマ大統領へ折り鶴への思い平和への思いを込めたお手紙を送りました。

そうしたら、オバマ大統領から川野登美子さん宛に返事のお手紙が届いたのです!
これも、平和へ具体的に行動した結果です、とても勉強になります、私たちも今ある平和のありがたみを身に染みて感じこれからも平和を守っていく大切さを学ぶことが出来ました。

川野登美子さんは、「原爆の子の像」に収められた折り鶴を折り紙に再生し、その折り紙で皆さんと平和について語りながら折り鶴を折るという平和への活動を取組んでおります、その第一号が桐生西ライオンズクラブ結成35周年記念講演会とさせてもらいました、ご来場の方々に折り紙を配布させて頂きました、これから折り鶴の運動が世界に広がっていく第一歩が桐生となりとても素晴らしい記念講演となりました。

川野登美子さんありがとうございました。

原爆の子の像〜六年竹組の仲間たち〜ウェブサイトです↓
http://genbakunokonozou.com/

原爆の子の像DVD貸出ます お問い合わせは桐生西ライオンズクラブまでお願いします
桐生西ライオンズクラブ 事務局 0277−54−9363

Posted by 専務 at 05:50 | Category :

2017年06月25日

広島への訪問

ライオンズクラブで戦争体験を伝える講演会を企画しまして、広島で原爆被爆体験をされた川野登美子さんに講演会の依頼に広島へ訪問致しました。

わけあって、広島へは東京駅〜広島駅の夜行バス!22:00出発で翌朝9:00広島に着きました、当時はあいにくの雨といってもとても凄い土砂降り!!傘さしててもずぶ濡れ状態!寂しいおじさん一人旅に豪雨の冷たさが更に辛さを増してくれます。(笑)

resize7176.jpg
原爆ドームの石碑です↑
resize7174.jpg
まじかで見る原爆ドーム、壁だけ骨組みだけになった建物を見て。。。当時たくさんの方がここで普通に仕事してたのに、なんてことが起きたんだと。。。
resize7173.jpg
原爆ドームの横にゆっくりと流れる元安川、当時たくさんの方々がこの川でお亡くなりになってたんだろうなと。。。思わず心が静かになり無言になります
resize7172.jpg
原爆の子の像↑今回講演をお願いする川野登美子さんの同級生の佐々木禎子さんが原爆病でお亡くなりになり同級生の仲間と共に原爆の惨たらしさ平和の尊さを伝えるために原爆の子の像を建立されたお話しの元となる場所です。いまでもたくさんの方々が平和へのメッセージとして折り鶴を納めていらっしゃいます。

平和記念資料館へ足を運び、そこでは原爆の恐ろしさを詳しく見ることができる場となっています、そこでふと周りを見渡していつもと違う違和感を覚えました。。。そこは日本人はほとんどいなかったのです外国の方々ほとんどで、いろんな人種の方々が平和記念資料館にいらっしゃいました。。。私お恥ずかしながら広島ヘ初めてでして平和記念公園に来たのも初めてでした。

そこでは、外国の方々世界中の方々が平和について広島へ学びに来ていたのです。50を手前にして初めて広島で原爆の事を学んでいる自分に対して世界中の方々が熱心に平和について日本で学んでいることに気づいて、意識が足りなかったなと反省しました。今ある平和が当たり前になっていました。

だからこそ、いましっかりと世界の中で唯一被爆体験をした日本人が平和について学び、海外の方と会ったときや海外のお友達とお話しする時は、世界中の誰よりも胸を張って平和の大切さを日本人が率先して伝えるべきだと感じました。

あらためて、今ある平和のありがたさを実感して日々穏やかに暮らしていきたいと実感しました。

Posted by 専務 at 22:36 | Category :

前の5件 1 2