つるやの社長のブログ > 打掛

2011年04月13日

桐生は日本のはたどころ。。。つるや刺繍工芸社より新作打掛のお知らせ

resize0181.jpg
桐生は日本のはたどころと言われてるように、ブライダルクリエイションつるやの前身は、つるや刺繍工芸社の社名で、桐生の織物技術とつるやの刺繍技術を結集して、花嫁様のために優美な打掛を製造し全国の婚礼衣裳店や結婚式場に販売をしておりました製造卸の打掛メーカーでした。

この度、社長夫妻が大切な想いでとして保存しておいた、反物を打掛に仕立て直して花嫁様にお披露目をさせていただきます、これから京都の仕立て屋さんにお願いして、最高級の打掛が仕上がりますので、どうぞご期待ください。
resize0177.jpg
つるや刺繍工芸社は社名の通り「鶴」にこだわっております。
力強い鶴の躍動感と鶴の柔らかく美しいラインが感じられます。
resize0178.jpg
ショッキングピンク地は、逆に今のデザインのようです、シンプルなショッキングピンクをバックに躍動感ある鶴が飛び立つ姿はとっても美しいです。
resize0179.jpg
孔雀の刺繍も圧巻です、美術品として鑑賞するのもお勧めです。
resize0175.jpg
こんなカワイイ!アニメのような孔雀です、ピンク地にカワイイ孔雀。。。
カワイイ花嫁様にお召しいただきたいです。

つるや刺繍工芸社 新作優美打掛 2010年夏から秋にかけて発表予定です。
仕上がり次第お知らせいたしますのでご期待ください。

スポーサインフィオーレお問い合わせ試着のご連絡はこちらにお願いします↓
メールの場合http://lavie-wedding.co.jp/company/form.htm
お電話の場合 桐生サロン 0277−45−3303
       高崎サロン 0120−15−8276
             027−327−2011

スポーサインフィオーレ和装ウェブギャラリーです↓
http://www.lavie-wedding.co.jp/gallery/wasou/index.html

※追記 今回両親がかつて営んでいた、仕事の内容をよく知る機会ができました、打掛に対する知識も勉強することができましたし、両親がどのようにして、私たちの為に生業を立ててくれていたのかも知ることができ、改めて両親を尊敬できるようになりました(お恥ずかしながら)。
 是非、みなさんも両親のお仕事を知る機会を作ってください、親子の絆が深まりますよ!
                          専務 中島

Posted by 専務 at 07:24 | 2011年04月13日

1