つるやの社長のブログ > 第60回全国小学生・中学生空手道選手権

第60回全国小学生・中学生空手道選手権

8月5日6日に高崎アリーナにて、公益社団法人日本空手協会第60回全国小学中学生空手道選手権が行われました。
全国から小中学生が集まる大会しかも両親も含めて約1万人が集まる大会が高崎であると聞きまして、それだったらなにか商売ができるのでは?と思い、私学生時代空手道部に入部に(公益)日本空手協会の空手を学んでいたものですから、そのよしみでお土産販売と空手キッズの記念写真撮影としてブース出店させて頂きました。

お土産販売は、ぐんまちゃんのぬいぐるみにぐんまちゃんグッツ、水沢うどん等のぐんまのお土産を販売しました。この大会朝が早いんです7時ぐらいに会場オープンし、会場の高崎アリーナ今年の4月にできたばかりで綺麗だしでかいし申し分ないのですが、1万人近くの人たちがどっと会場にはいるので、それはもうあっちこっちに人だらけブースの前は朝から晩までアメ横状態でした。なので売れる売れる!とくにぐんまちゃん関係人気爆発すごいんです、群馬ちゃんタオルがまた200円とお手頃価格なので秒殺!!状態でした。

私、人が多いとは聞いていましたがここまで多いとは思いませんでした、お土産販売の仕入れちょっとビビッて少なめにしてしまいました。。。。仕入れ倍にしておくべきでした(反省)

写真撮影コーナーですが、ただお子様のポーズ写真だけではつまらないので、ぐんまちゃんイラストを入れた写真にしました、私なりにこれだったら売れる!と確信してたのですが、ふたを開けてみれば意外と少なかったのです。(撮影された皆様にはとても喜んでいただいたのですが。。。)
resize7470.jpg

空手の大会は、小学生低学年から中学生までみんな頑張ってました、試合のフロアは選手しか入れないので、低学年のちびっこ達はお父さんお母さんから離れてきっと心細い思いをしながらでも、親から離れて立派に試合を行ってました。選手の子供達とは全く関係ない私ですが、みてて思わず涙が出そうになってしまいました(不覚)

また、休憩スペースではちっちゃの子供とたぶんお父さん(空手有段者だと思います)の二人が組手の練習をしているんですね、ちびっこながら動きもしっかりしてるしお父さんの上段(顎の部分)に回し蹴りを入れてるんですね!うぉ!すごい!そんな頑張っている親子の姿見てて、またまた涙うるうるしそうになってしまいました。。。。(不覚)

私大学から空手を始めたものですから、いままで小学中学生が空手をやる事に関心持っていませんでした、まして小学生の小さい子が組手をやるもんじゃないよ!って思ってました(危険だし)でも今回の小学生中学生たちの頑張りを見て考え方が変わりました・・・小学生からきっちりと基本を身に付けていれば技のコントロールが出来るから逆に危険性は薄れるんだと、しかも小学生のころから、学んでいるから大人になったとき高い技術力を持って戦えるんだと、これから空手がオリンピック種目になりオリンピックの大きな舞台で活躍するのには小さいころからの学びが大切なんだと気付きました。
resize7469.jpg
今回、高崎アリーナが溢れそうなぐらいの大きな大会を開催される(公益)日本空手協会の偉大さと群馬の地で開催された群馬県の皆様の頑張りに敬服したいと思います。お蔭様でいい経験と新たな気づきを得る事か出来ました。

ちゃんと稽古にでてメタボ腹引っ込めようと思いました!ありがとうございました。

Posted by 専務 | 2017年08月16日 22:56 | Category :