つるやの社長のブログ > 広島への訪問

広島への訪問

ライオンズクラブで戦争体験を伝える講演会を企画しまして、広島で原爆被爆体験をされた川野登美子さんに講演会の依頼に広島へ訪問致しました。

わけあって、広島へは東京駅〜広島駅の夜行バス!22:00出発で翌朝9:00広島に着きました、当時はあいにくの雨といってもとても凄い土砂降り!!傘さしててもずぶ濡れ状態!寂しいおじさん一人旅に豪雨の冷たさが更に辛さを増してくれます。(笑)

resize7176.jpg
原爆ドームの石碑です↑
resize7174.jpg
まじかで見る原爆ドーム、壁だけ骨組みだけになった建物を見て。。。当時たくさんの方がここで普通に仕事してたのに、なんてことが起きたんだと。。。
resize7173.jpg
原爆ドームの横にゆっくりと流れる元安川、当時たくさんの方々がこの川でお亡くなりになってたんだろうなと。。。思わず心が静かになり無言になります
resize7172.jpg
原爆の子の像↑今回講演をお願いする川野登美子さんの同級生の佐々木禎子さんが原爆病でお亡くなりになり同級生の仲間と共に原爆の惨たらしさ平和の尊さを伝えるために原爆の子の像を建立されたお話しの元となる場所です。いまでもたくさんの方々が平和へのメッセージとして折り鶴を納めていらっしゃいます。

平和記念資料館へ足を運び、そこでは原爆の恐ろしさを詳しく見ることができる場となっています、そこでふと周りを見渡していつもと違う違和感を覚えました。。。そこは日本人はほとんどいなかったのです外国の方々ほとんどで、いろんな人種の方々が平和記念資料館にいらっしゃいました。。。私お恥ずかしながら広島ヘ初めてでして平和記念公園に来たのも初めてでした。

そこでは、外国の方々世界中の方々が平和について広島へ学びに来ていたのです。50を手前にして初めて広島で原爆の事を学んでいる自分に対して世界中の方々が熱心に平和について日本で学んでいることに気づいて、意識が足りなかったなと反省しました。今ある平和が当たり前になっていました。

だからこそ、いましっかりと世界の中で唯一被爆体験をした日本人が平和について学び、海外の方と会ったときや海外のお友達とお話しする時は、世界中の誰よりも胸を張って平和の大切さを日本人が率先して伝えるべきだと感じました。

あらためて、今ある平和のありがたさを実感して日々穏やかに暮らしていきたいと実感しました。

Posted by 専務 | 2017年06月25日 22:36 | Category :