つるやの社長のブログ > 2013年09月

2013年09月11日

コーヒー豆のお買いもので気づいた事

 以前にも記述しましたが、私コーヒーが大好きで毎朝豆を挽いて飲んでおります、お気に入りのコーヒー豆があり地元のコーヒーショップに通っております。
 最近忙しくなかなか地元のコーヒーショップに行けないので、たまにショッピングモールのコーヒーショップにて買い物をします、そこで気づいたことですが、当然ショッピングモールのお店は全国展開している誰もが知っているコーヒーのお店ですので、店員さんの対応は申し分なく、いつもニコニコ笑顔で対応して商品を渡すときはわざわざカウンターの外に出て渡してくれます、とても好感のもてるお店なのですが、

1つだけ・・・毎回「豆挽お挽きしましょうか?」と、私はもう何度もそこで購入していて豆を挽いたことがありませんし、会員カードも3階級あって2ランク目だし、店員さんもほぼ同じ方なので私なりにもう。。。。常連になったつもりでいましたが「豆挽きましょうか?」の一言で『あぁ〜僕って一見さんなんだ』と淡いお店に対する親近感がへなへなと消滅してしまいました・・・(でも今もたまに購入していますもうすぐ会員カードもランクUP予定です)

方や・・・地元のコーヒーショップでは、入店するとテーブルとイスが用意してあるので、イスに座ると女将さんが笑顔で一杯のコーヒーをそっと出してくれます、女将さんとさらっと天気の話などをして女将さんから「いつものでいいですか?」と・・・そして私はいつものお気に入りのコーヒー豆を気持ちよく購入させて頂いております。

今回のケースはまさに、大手と個店との違いが良くわかる出来事だと思います、大手のお店も素晴らしくコーヒー豆もおいしくのですが、マニュアル対応が垣間見れました、個店では、相手の顔をみてとっても親近感をもって接してくれる対応でとても快適でした。

あと、ショッピングモールのお店は開放的でとても気さくに入りやすいお店ですが個店のお店はどうしてもお店構えがあり、気の小さい私は、初めて入店する時ドキドキして入るという点もあります。

どちらがいいか悪いかではなく、お客様側の感じ方だと思います、でも個店の接客はお客様との心のふれあい繋がりが第一だと思います、それがあるからリピートになると思います、また一つお買い物から大切な事を教えて頂きました、ありがとうございました!!

Posted by 専務 at 06:42 | Category : | Comment : 0

1