つるやの社長のブログ > 2013年06月

2013年06月25日

相手の期待を超えること

高崎のお店は群馬が誇るスズラン百貨店の隣りの隣りの隣り辺りにあるので、日頃からなにかとお世話になっております、昨日文具コーナーへ行き私の愛用しているクロスのボールペンを修理依頼しました、実はスズランさんで購入していないペンだったので、恐る恐るペンを差し出しました、『保証書がないとお受けできないのですが、大丈夫です』と優しいお言葉をいただき、数週間まち、引取りに伺いました、店員さんは、私の顔を覚えていただいてて、私が受取書をだすまでもなく、笑顔で迎えていただき、『クロスの方で無償修理いたしました(^O^)』と、わたしも思わず笑顔になりました、なんか嬉しいですね、有償修理覚悟していたのに、クロスのユーザーに対する気遣い、スズランさんの柔軟な対応!とっても気持ちがよかったデス!これからもクロスファンになりますし、次回はスズラン文具コーナーさんで購入させていただこうと思いました(^_^)

ネット販売では、できない心の接客を体験させて、いただきました!スズラン文具コーナーの店員さん、クロスさんありがとうございました(^_^)

iPhoneから送信

Posted by 専務 at 12:00 | Category : | Comment : 0

2013年06月16日

『アップル』のアフターサービス

私Iphoneを愛用しておりまして、最近Iphone5に交換したのですが、不覚にも私のミスで(理由は恥ずかしいので伏せておきますね)電源が入らなくなってしましました・・・

どうにもならないので『アップルカスタマーセンター』に電話をしました
センターの方に事情を説明して、ダメもとでこちらの気持ちを伝えました
Iphon5を購入したばかりなので、なんとか安く修理できる方法はないですか?っと・・・・

センターの方は、当初規則通りの説明をされましたが、私が残念そうに「そうですかぁ(ため息)」と答えたら、宜しかったら上の物に相談してみますので、お待ち下さいと・・・・

あ〜いい感じ結構こっちの気持ちも汲んでくれるんだぁと安心しました

少し待つと上の部署(名称は定かではありません)の方が対応していただき、
こちらも又感じの良い対応で、まずは私側の状態をこと細かく聞いて下さいました
その質問も機械的ではなく、私の返答に「そうでしたかぁ」「それは大変でしたね」と共感してくれているのです、まさに一生懸命に対応して下さるのが電話越しに感じました

最後に、「せっかくアップルをご利用いただいた中島様の為にできる限りのことをさせていただきたい」と言ってくれるではないですか!こちらは恐縮しきりです◎

でも、いろいろとセンターの方は対応を考えてはいただきましたが、通常の「修理交換扱い」となりました、でも私は十分「納得」してOKしました。

またまた最後の最後にセンターの方が「新しいIphonが届いたころお電話させていただいてもよろしいでしょうか?中島様になにか不都合なことがありましたら確認させていただきます」っと・・・・う〜ん凄いここまで気を遣ってくれるとは

まさに武道の1本!!ですね、こちらはなにも申し上げることはありません。

失礼ながら今までの大手電機メーカーさんの対応だったら
「ハイ故障ですね、有償修理です」だけだったと思います、確かにこの対応が正しいことでありますが、どこかユーザー側に残念な気持ちが残ってしまうと思います。

今回、結果同じ「有償修理」になるとも、そこまでの経過が完全にユーザー側に立った対応でしたので、私はいつもの残念な気持ちは一切残らずに逆に清々しい気持ちで修理を頼むことが出来ました

お客様側に立つことは、しっかりとお客様の話を聞いて共感すること!と「アップル」さんから学ぶことができました。

そして恐るべし「アップル」です、だって今回のようなきめ細かい対応は中小零細企業が売りとしてたところではないでしょうか?、ここまで大企業がされてしまっては、私達のような零細企業は太刀打ちできません・・・・

でも、まだまだ私達にできることはあるはずです、お客様の気持ちお客様へのおもてなしの気持ちをさらにレベルUPしていかなければなりません、大企業にはできない事がまだあります。。。それは直接お客様とあって顔のわかる接客お客様に対する心の接客です、私達一人一人が心を磨いて、『アップル」さんに負けない接客を行う決心がついた出来事でした。

「アップルカスタマーセンター」の皆さんとても気持ちの良い対応!ありがとうございました!!
感謝です!!!

Posted by 専務 at 18:47 | Category : | Comment : 0

2013年06月05日

Leaf for Brieds

先週行われた6月度勉強会に、スペシャルゲストとして、Leaf for Brieds デザイナーであります山城葉子さんにご来桐いただきました。山城さんとは初対面ですが、山城さんの朗らかな笑顔そして洗練された身のこなしは、とても素晴らしく名刺交換させていただいた私の心が晴れやかになりました、そして山城さんの花嫁に最高のドレスを着てもらいたいという純粋で美しい心の持ち主です、改めてお客様に対する熱い気持ちの大切さを教えていただきました、ありがとうございました!

iPhoneから送信

resize4914.jpg
Posted by 専務 at 16:01 | Category : | Comment : 0

1