つるやの社長のブログ > 2010年11月

2010年11月18日

お蕎麦やさんで出会った幸せファミリー

中島です
先日、高崎市内のチェーン店のお蕎麦屋さんに、遅い昼食を取りに寄りました、比較的広いスペースで数家族がすでに食事されてました、私は一人なので窓際のカウンターに座ってお蕎麦と天丼のセットを
いただいていました、「お蕎麦はなかなかじゃん!てんぷらは・・・う〜んちょっとべちゃついてるかな」と
一人で蕎麦をすすっていると、向かい側のテーブルから「あ〜おいしかった!」とはっきりとした声が聞こえたのです。それは向かい側のお子さん連れのファミリーのお母さんが、発した言葉でした。その声につられて、向かい側のファミリーに目を移して見ると、今度はお父さんが、小さなお子さんに、「このエビ美味しいでしょ?」、そしてお子さんは「うん!」と・・・

私はこの光景を目にして。。。お母さんの美味しいものを美味しいと言える純粋な心、そしてお父さんも含めて家族で食事を楽しむ姿にとっても微笑ましく、改めて家族の大切さ暖かさを実感させてもらいました。

その家族の姿に対して、私はいつもの通り淡々と食事をして、おいしい料理を食べてるのに、特別感動することなく(一人なので、突然おいしい!!とは言えませんが)そして食べ物に感謝もせず当たり前に食べ物を口に運んでいた自分自身の心のなさに、ハタと気づかされました、美味しいものは美味しいと、表現できる感性豊かな人格を磨かなければと思えたシーンでした。

そして、最後にそのファミリーが店舗から出る際に、お子さんたちが、店内に響き渡る元気な声で、「ごちそうさまでした!」と発してお蕎麦屋さんを後にして行きました。
お子さんのごちそうさまに対して、思わず私も「ありがとうございます、またお越しくださいませ」と叫びそうになりました(笑)
う〜んお父さんお母さんが素敵な純粋なお気持ちを持ってるからこそ、お子さんたちも素直に「ごちそうさま」と言える純粋な心を持ってるんだなと思いました。
いろろな気づきをさせて、いただいた幸せファミリーに感謝致します、とっても気持ちの良い食事ができました、ありがとうございました。

Posted by 専務 at 01:59 | Category : 専務から愛を込めて | Comment : 0

2010年11月17日

ブランディングの極意

resize10118.jpg
(快晴のスカイツリー見事ですね)

中島です
先週都内で、藤巻幸夫社長(伊勢丹でバイヤーをされたり、福助では社長として会社の建て直しをされた、とってもパワフルな社長さんです)の講演会に行ってきました。

いやぁ〜すごいのなんのたって、藤巻社長はとっても元気だし、仕事を楽しんでるし、常に頭の中がフル回転だし、常に周りの人に対してプラスにしようとしてるし。。。私にとっても、もっともっと仕事に真剣にそしてもっともっと仕事を楽しまなければならないと、感じさせてもらう講演会でした

ブランディングについてのお話しの中で、ブランドとは「物ではなく空気」「物語・歴史・哲学」と定義されました、また女性感覚、常に感性を研ぎ澄ませて美しく、そしてわくわくどきどきする店づくりを行うことの大切さを教えていただきました、そのお話の中で、ウィンドウディスプレイは日本では業者に任せきりですが、アメリカ系百貨店では、父の日にディスプレイを行うとき、マネージャーが全スタッフに明日お父さんの写真を持って来てくださいと指示され、翌日ウィンドウに全スタッフのお父さんの写真をデコレーションしてネクタイのディスプレイをされたそうです。そこには、家族の思いが伝わる、お父さんの優しさを感じるディスプレイができたと思います、当然道を歩く人たちも立ち止まる事でしょう、そこには感性と心があるからだと思います、当社もドレスサロンとして毎日ウィンドウのドレスチェンジを行ってますが、ふと思うと、毎日の業務として淡々と行っていたかもしれません、そこに花嫁さまへのの気持ちを入れ、美しさへの感性を取りいれてディスプレイをしていかなければと強く思うことができました。

当社でも、スポーサインフィオーレのブランドとは「シュガーケイ」や「シェーナドゥーノ」等のドレスブランドを指すのではなく、スポーサインフィオーレ自体がお客様に信頼されるブランドにならなければならないと考えておりましたので、今回藤巻社長のお話しを受けてさらに、フィオーレブランドを強くしていきたいと思える講演会となりました。

これから、スタッフみんなでもっとコミュニケーションを強くして、花嫁さまの為に美しい感性豊かなお店づくりを行っていきます。

そうそう、講演後に藤巻社長の本の販売会があって、一人ひとりに藤巻社長がサインをされてまして、その時一人ひとりの地域や職業を聞いて、その都度、職種の事や地域の事等相手に合わせてお話しをされてました、たくさんのお仕事業種を経験、さまざまな地域にいかなけらば、全員と共通の会話はできないことだと思います、藤巻社長のすごさを実感できた、シーンでした。

Posted by 専務 at 07:14 | Category : 専務から愛を込めて | Comment : 0

2010年11月04日

祝からくり人形芝居館結婚式たくさんの祝福の中挙行されました

resize9431.jpg
11月3日糸屋通りいらっしゃいませお祝いイベント第2弾がからくり人形芝居館にて人前結婚式が挙行されました。幸せなカップルは三井ご夫妻です、優しそうなとってもほほえましいお二人でした。
resize9441.jpg
特別にお二人の為に、からくり人形芝居が上演され、人前結婚式は、はじまりました。
特筆すべきところは指輪の交換時、からくり人形の曽我兄弟がお二人の指輪をとことことリングボーイとして参加してくれたのです、からくり人形館だからできるたのしい、挙式ができました。
resize9461.jpg
挙式後は、人力車に乗って本町通りから糸屋通りりまで、パレードです。
resize9480.jpg
たくさんの方から祝福を受け新郎新婦は幸せいっぱいです。
桐生の街中で結婚式を挙げ、そして町の人々から祝福を受けるのはとても大切なことです。
たくさんの人からいただいた声を胸に秘め。。。これからの新婚生活お幸せに!!

Posted by 専務 at 00:02 | Category : 今日のできごと, 専務から愛を込めて | Comment : 0

2010年11月03日

11月3日糸屋通りいらっしゃいませ からくり人形芝居館結婚式

resize9363.jpg
桐生まちなか結婚式 第2弾からくり人形芝居館結婚式が、いよいよ本日挙行されます。
本日結婚式を挙げられる幸せカップルは三井創史さん容子さんです、東京在住の方ですが
新郎が桐生出身であることと、桐生の街並みが大好きなお二人だから。。。からくり人形芝居館
での結婚式が実現されました。

2010年11月3日 13:00〜挙式開始
お二人の為に特別に、からくり人形上演が開催されたり、途中からくり人形が参加したりで
なかなか見ることができない、結婚式が挙行されます。

一般の方も参列OKなので、ご遠慮なくお申し付けください。
そして、桐生のたくさんの人たちでお二人に祝福を送ってください。

14:00より、新郎新婦が人力車に乗り糸屋通りをパレードしますので、こちらも沿道にたって
暖かな祝福をいただければと思います。

Posted by 専務 at 00:22 | Category : 専務から愛を込めて | Comment : 0

1