つるやの社長のブログ > 2006年09月

2006年09月28日

新着ドレス

7月のフロアショーで発表した、ドレスが到着しました。
ボディラインを強調しすぎないソフトスレンダーなので、小柄な花嫁さまにも美しく着こなしていただける、おすすめDressです。
トレーンにもフリルとコサージュをあしらえ、バックスタイルにもこだわっています。
ボディはすっきりスカートはロマンティックな360度どこから見てもゴージャスなDressです。
2段のリボンが印象的でしょ。
お肌に透明感を出してくれる、オレンジカラーはどんな肌色の花嫁さまにもおすすめ。モーブグリーンのお色違いも届きました。

新作Dressのご試着希望はご希望の日時をお申し込み下さい。

Posted by Miwa at 16:40 | Category : 最旬情報 | Comment : 0

2006年09月23日

夏休み

ちょっと遅くなりましたが、秋からの撮影の打ち合わせと夏休みを兼ねてトロントに行ってきました。
久々に時間に追われることなく、ただ街を歩いてショップをのぞいたり、素敵そうなレストランにふらっと入ってみたり、こんな時間は本当に久しぶりで。
普段東京や大阪に行くと、短い移動時間でも「よ〜しディスプレイを勉強するぞ!」って意気込みで見ているのとはまた違い、向こうから目に入ってくるディスプレイのセンスも見つける事ができました。

そうそう、友人に頼まれて初めて画廊にお世話になった、奈良美智さんのLithographyにも初対面。
直接トロントに送っていただいたので、やっと会えたって感じで思わず、記念写真撮っちゃいました。フレームも素敵でしょ。すご〜く高かったって言ってました。
トロント6回目にしてトロントアイランドにも観光に行ってきました。
ただただ歩いて、おしゃべりして、花を見て、空を見て・・・こんななんでもない事に感動するなんて、私相当疲れていたのかも。
この写真が一番気に入っています。まんまるな夕日を追いかけて、空港まで行ったら、沈んじゃって、でも色がとてもきれいだったので。そしたら、空を撮っている有名な写真家の作品みたいだよ。と褒められました。(本当かな)

いつも滞在させていただいている方のマンションの目の前にこんな可愛い光景が毎日繰り広げられています。
毎日、外に出るたび「かわいいー」。白鳥の湖だから???中のソファも白鳥の形をしてるんですって。ちょっと薄れていた私の結婚願望にまた、火がついちゃいました。「絶対わたしの子供ここに通わせる!!」でも周りは冷ややかに「だったら、早く相手を見つけてね」ですって。


11月から私共のスタジオが大きく変わります。この秋写真だけの結婚式を予定されているカップルの皆様期待してください!ファッション誌のようなアルバムになりますよ。
写真のお話は本格的に決まったら、お知らせしますね。

Posted by Miwa at 17:31 | Category : | Comment : 0

2006年09月07日

めでたい・めでたい!!

先週末は、スタッフの結婚式。早朝6時集合でサプライズ余興の練習をした後、それぞれ、ヘアメイクへ。私が花嫁になる気分で本物の花嫁さまの横でヘアメイクをしてもらっちゃいました。
当日は、結婚式の翌日に出産予定日の産休中スタッフのサプライズ登場や、花嫁本人が前日にプロデュースしたカップルからのサプライズビデオレターに涙・涙・本当に素敵なWeddingとなりました。
素敵な笑顔でしょ。

彼女と初めてあったのは面接でのこと。普段私は担当していないのですが、なぜか、この時だけ担当しました。とってもおとなしく、まじめそうだったけど、「このお仕事って本当に心も体も強くなきゃできないの。だからもう一度よ〜く考えて連絡下さい」って言ったような。だってあまりに華奢で・・・。
それから一週間「私、がんばります!結婚式のお仕事ならなんでもします!」と彼女から。それから6年本当にいろんな事がありました。のんびり育ってきた彼女には、毎日が驚きの連続だったのでしょう。
時には失敗して、よくカウンターで泣きながら仕事してました。おとなしいながらも負けず嫌いで、泣き顔を見られたくなくて。そんな姿を他のスタッフとよく扉の隙間から覗いていたのを思い出します。
21歳で入社したから、どうしても子ども扱いしてしまい「子供じゃありません」ってよく言われたなぁ。
TSURUYAのスタッフはいつも一緒で、彼氏の事や家族の事友達の事もみ〜んな知っていて、家族のようです。
本当の妹と思っているから、ついつい心配して、あれしちゃだめ!これしちゃだめ!なんてよく言ってました。
そんな心配をよそに、彼女は最愛のダーリンと10年の愛を実らせて、新しい道を歩き始めます。
私が彼に思うこと「いつも自分自身がHAPPYでいて下さい。あなたがHAPPYだと、それを見ている彼女はHAPPY。そしてその彼女を見ている私たちもHAPPYになるのよ・・・」

それで、サプライズ余興はこんな感じ。お琴の演奏とハンドベルの演奏。


曲目は「明日があるさ」この曲は、彼女が勝手に「TSURUYAのテーマソング」と決め、忘年会や飲み会によく歌わされた曲です。
おとなしい彼女は、きっとこの曲を心で歌いながら、つらい事を乗り越えてきたんだろうな。
これから、本当に花嫁さまになった彼女がプロデュースするWeddingは、今まで以上花嫁さまの立場から考えた、素敵なシーンとなるのでしょうね。

Posted by Miwa at 18:29 | Category : | Comment : 0

1